1. ホーム
  2. 技術者・エンジニア転職
  3. ≫エンジニアが転職を考えるときにやるべきこととは?

エンジニアが転職を考えるときにやるべきこととは?

初めて転職をするときは、誰でも不安を抱くものです。今リアルタイムで転職を検討しているエンジニアの方もおられるのではないでしょうか。今回は、転職を思い立ったときにやるべきことについてお話します。
エンジニアの転職には、2回の分かれ目があります。1回目は30歳前後です。20代の転職では、企業が「人材育成」を想定しますが、30代では「経験がある即戦力」の能力が求められるからです。したがって、新分野や別業界などに打って出て、様々な経験を積みたい場合は、20代でそれを実現するプランが欠かせません。
2回目は、35歳を過ぎたあたりです。この年齢になると、企業は「マネジメント能力」や「過去の成功事例の再現」「高度な専門性」など、より高いスキルを求めてきます。そのため、30代のエンジニアは専門性を高めつつ、特徴ある技術をもつ事が重要です。
転職は自分の望むキャリアを手に入れ、高める為の手段です。したがって、常にエンジニアとしての自分の市場価値を意識することが重要なのです。
そのためにも、まずは情報収集を全力で行うことをお勧めします。
これはどんなことにも共通しますが、情報収集はすべての基本です。例えば、業界の動向を知ることもそうですし、別の業界では、技術がどう評価されるか、どういう働き方が求められているか、といったこともすべてスキルアップのための情報収集です。面接での効果的なアピール方法を知る、といった直接的な情報だけが必要なわけではありません。
では、どうやって情報収集すれば良いのか?一番簡単なのは「誰かの話を聞く」です。これはリアルでもネット上でも構いませんが、あらゆる人の話を聞くように意識して取り組みましょう。特に実際に転職した人の話をきくことは重要です。先に述べた通り、検討段階では、転職にネガティブな印象を抱きがちですが、経験者に聞いてみると、別の考え方が身に付き、第一歩を踏み出すことができるようになるでしょう。
そうして知識を増やしたうえで、自身のキャリアを客観的に見る習慣を身につけましょう。
孫子の名言「彼を知り己を知れば百戦殆からず」を意識して、まずは情報収集から始めてみましょう。