1. ホーム
  2. 技術者・エンジニア転職
  3. ≫未経験者がエンジニアに転職する際に必要なこととは?

未経験者がエンジニアに転職する際に必要なこととは?

“エンジニアと言うと特別な資格や知識が必要だったり専門学校に通っている人しかなることができない職業といったイメージがあるかもしれません。

実際にはプログラミングの経験やITの専門的な知識がなかったり大学や専門学校でITを学んでいなくても活躍することは十分に可能です。しかし前職もエンジニアだったという方に比べると不利になることもあるので未経験者から転職を考えている方は特に対策をしていくことが求められます。まずは面接時のアピールポイントを考えることが大切になってきます。

今までエンジニアの仕事をしたことがない方の場合は未経験者歓迎の求人を探すと思います。未経験者歓迎の求人の場合はITの専門的な知識や技術力を見るというよりも仕事に対する意欲が評価されやすいです。こうしたソフトウェアを作りたい、この分野の技術力を身に付けたいなど具体的なポイントを挙げてアピールすることが出来るとより良いです。

そのためには求人を出している会社が今どういった人材を求めているのか知ることが大切になってきます。例えばシステム開発部の現場ではSEやプログラマーなど自分以外の人とコミュニケーションを図りながら仕事をすることが求められる場合がよくあります。こうしたコミュニケーションを上手く取ることができないと納期が遅れてしまったり作るものを間違えたりすることにつながります。

もしも自分が面接を受ける企業がコミュニケーション能力を大切にしている場合は学生時代の部活動やサークル活動、または社会人になって仕事をしていた中でチームで何かを成し遂げた経験や飲食や販売の仕事で接客を通じてお客様に喜んでもらった経験があるならば積極的にアピールをしていくと良いでしょう。このようにエンジニアに転職をする際に特別必要な資格や経験が必ずいるわけではありませんが、仕事内容や企業が求める人物像をよく把握してアピールしていくことが未経験者には求められます。