1. ホーム
  2. 転職
  3. ≫転職するときに気を付けること。転職サイトを活用してみよう。

転職するときに気を付けること。転職サイトを活用してみよう。

近年、日本でも転職が一般的になりつつあります。若手や中堅、ベテランの社員関係なく、自身のキャリアアップや起業、もしくは家族や生活環境のために次なる職を探す人が増えているのです。
転職サイトやエージェントなど、希望者に対する支援やサービスを展開する企業も社会の変化に伴い増えてきています。新卒至上主義の時代ではもはやなく、企業が第2新卒や中途採用の枠を設けるのも当たり前の採用活動になっています。
しかし、転職が身近なものになったからといって、手軽になったわけではありません。一度就いた職を離れ、別の会社に務めるというのはそれなりに時間も労力もかかりますし、場合によっては費用やストレスも発生することがあります。それらをできるだけ軽減し、スムーズに転職を実現するにはどういったことに気を付ければよいのでしょうか。
まず第一に、「早めに活動を開始すること」が最も重要なポイントです。その時々の気分や勢いでさっさと決めてしまうと、まず成功しません。運に委ねる部分が大きくなり、結果新しい職場と希望者とのミスマッチが発生しやすくなります。例えば転職を考え始めたタイミングで早めに転職サイトに登録して、職務経歴書を書いて自分の経歴や実績を振り返ってみたり、世間にはどんな企業や職種が中途採用で募集がかかっているのか眺めてみたり…あるいはエージェントと面談して自分の適性や転職のベストなタイミングなどについて助言をもらっておくのも有効です。可能な限り多くの企業を見て吟味するためにも、活動にかける時間は多めに確保するようにしましょう。どんなに短くても3ヶ月以上、できれば半年から1年は猶予がほしいところです。
次に、既に触れましたがエージェントを活用することです。彼らはあなたに助言やアドバイスをくれるだけでなく、職務経歴書の書き方指導や、企業ごとに面接のポイントを指導してくれることもあります。希望者が就職を決めたら転職先の企業から成功報酬を貰うのがエージェントの事業なので、希望者は無料で利用することができます。情報収集にお金をかけないためにも、エージェントの活用は必須と言えるでしょう。