1. ホーム
  2. 転職
  3. ≫転職するタイミングはいつ頃が丁度良いのか。引き継ぎについて。

転職するタイミングはいつ頃が丁度良いのか。引き継ぎについて。

現在の職場からより雇用条件の良い職場へと転職する場合、いつ頃が一番タイミングが良いのでしょうか。

現在の職場へ迷惑をかけずに、穏便に退職をし、次の職場にスムーズに何の問題もなく、転職できることが一番の理想です。

転職活動を始めるにあたって、まずは目ぼしい雇用条件の合う企業を探すことがスタートです。第一希望先が決まれば、連絡をし、面接を行います。

仕事もしているのでなかなか休みも取りづらい状況下なので、仕事をしながらの転職活動は苦労します。また面接の際は必ずと言って良いほど転職する理由を聞かれます。相手先の企業が納得する答えを用意しておかねば、わざわざ休みまで取ったのに、それが無駄になってしまいます。

面接後に採用が決まれば、採用先の企業にいつ頃から転職できるのかを決定します。基本的に仕事の退職に関しては1か月前までに申し出を出さなければならないので、1か月後が一番タイミングが良いと考えられます。

この退職を申し出る時には必ず引き留めを食らいます。会社側としても辞めて欲しくないことが本音です。特に役職に就いているような優秀な人材の損失は今後の会社の動きにも影響を及ぼします。

しかし、こうした会社も転職先が既に決まっていることを伝えると、引き留めは困難であると判断し、退職することを認めてくれます。退職する前の1か月間は仕事に関する引き継ぎをしっかりと忘れずに行います。役職が上であればあるほど引き継ぎ内容も多くなり、時間がかかります。仮に引き継ぎがスムーズにいかなかった場合、自分が退職後に仕事場が混乱する可能性も秘めていますので、会社に迷惑をかけることはしてはなりません。

引き継ぎだけでなく、取引先や関係者等への退職することについての挨拶回りもあります。こうした忙しいことを終わらせ、無退職をすることで、無事に新しい職場へと転職することが叶います。タイミングとしては新しい職場が決まってから1か月後が一番良いと思われます。